歯列矯正治療(成人)におけるミニ・インプラントの利用

スポンサードリンク
歯の位置を変えるには矯正力が必要ですが、当然ながらこの歯列矯正治療には、矯正力を働かせる牽引する側の歯があることが前提です。

ですから通常は、個人の歯の状態によっていろいろな工夫を凝らした上で牽引する側の歯を決めます。

ところが中には、適切な場所に歯がないとか、あっても強度的に耐えられないという場合もあって、こういった際に利用されるのが「ミニ・インプラント」になります。

ミニ・インプラントは骨と親和性の高い特殊な金属ネジを顎の骨に直接埋め込むことで、牽引する側の歯の代用として、今までは不可能に近かった歯の移動を可能にします。

ただ、子供には使用できませんし、顎の骨ならどこにでも適用できるというわけではありません。

現状においては、いろいろと使用上の制約があるのは確かですが、非常に有効な歯列矯正治療の手段であり、今後の技術進歩が注目されているところです。
posted by T-Brush | 歯列矯正治療(成人)

歯列矯正治療(成人)の外科矯正について

スポンサードリンク
歯並びを矯正する一般的に知られている矯正治療の他に、顎の骨格に不正咬合の原因がある場合(骨格性下顎前突など)は、外科手術によって歯列矯正を行うこともあります。

外科矯正は骨の手術になりますから、手術後の顔つきが手術前とは別人のようになることもあり、ご自分の容姿にコンプレックスを持っていらっしゃった方だと、大いに満足される場合が多いようです。

この手術は普通、行われるのに先立って術前矯正が施されます。つまり、手術を行いやすくするためや良好な結果を出すための事前準備をします。また、術後にも微調整をするための術後矯正が施されます。

最近はコンピュータによって画面上でほとんど実際と同じように顎骨の位置を変えるシミュレーションが行われ、事前に十分な手術方法を検討することが可能になってきていますから、近年の目覚しいコンピュータの進歩から予測すると、何年か後には大いに普及する歯列矯正治療方となっているでしょう。
posted by T-Brush | 歯列矯正治療(成人)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。