歯列矯正治療(子供・小児)の方法論

スポンサードリンク
歯並びを矯正するのは歯を移動させるわけですから、歯列弓(歯並びを構成するカーブ)にある程度の物理的なスペースが必要になります。

ひとつは積極的に歯列を拡大する方法で、これは将来的に抜歯をしない、つまり「非抜歯矯正法」といわれる方法で行うものになりますが、子供であっても極端に歯が大きい場合や、歯列弓そのものが非常に狭い場合は適切な矯正治療とは言えません。

もうひとつは抜歯することによって意図的にスペースをつくる方法、つまり「抜歯矯正法」になりますが、普通は上下の第一小臼歯が対象となります。

非抜歯矯正法を採るか抜歯矯正法を採るかは、自然に近い形で出来る限り非抜歯法の方が良いように思えますが、歯列の状態というのは千差万別ですから、一概にどちらが良いとは言えない部分があります。

ですから、なんでもかんでも「抜歯する」もしくは「抜歯しない」というのは偏見であると言わざるを得ず、すべての歯列矯正治療はケースバイケースであるということを認識しておくことが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。