歯列矯正治療(子供・小児)の適齢は?

スポンサードリンク
子供・小児の場合に歯並びが気になるのは、普通、小学校に入学して永久歯が生えるころになってから。

まれに1歳児〜3歳児の検診で歯並びに異常が見つかることはありますが、こうした検診のときに見つかる不正咬合については、通常はその後の経過を見守る場合が多くなります。

放置しておいて必ずしも自然に治るというものではありませんが、重要なのは不正咬合の種類と程度を見極めることなのです。

永久歯は奥歯から前歯、そして中切歯という順番で下顎から優先的に生えてきます。このとき、真っ直ぐに生えてくる永久歯であれば通常は乳歯の歯根を吸収して生え代わるのですが、少しでもずれたりすると永久歯が乳歯に重なるようにして生えることがあります。

これは比較的よくあるケースなのですが、この程度であれば邪魔をしている乳歯を抜いてしまえばよいわけで、邪魔をされたことによって斜めに生えてきている永久歯も、その後の経過で舌の動きによって自然に矯正されることも少なくありません。

ですから、むやみに歯列矯正を行うことは避けるべきで、永久歯が生え揃う頃になってから考えても遅くはありません。他の子供が歯列矯正を始めたからといってあせる必要はないのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。