歯列矯正治療(成人)における注意

スポンサードリンク
大人の歯列矯正の第一の目的が美容にあることは周知のことですが、美容に対する期待というのはどんな分野においても一般に高い傾向があって、歯列矯正治療においてもそれは例外ではありません。

特に子供の頃に何らかの事情で治療したくてもできなかった方が、やっと治療できる機会を得た場合などは、過度に期待が膨らんでしまうようです。

ところが大人の歯列矯正は子供の歯列矯正と違って、口の中に過去の治療で用いられた人工物(ブリッジなど)がいろいろあったり、矯正する上で重要となる特定の歯が既に抜かれていたりと、条件的にあまり良くないことが多く、期待どおりの結果になるとは限らないのです。

ですから治療開始にあたっては、医学的な見地や歯科矯正学的な見地から希望する治療結果を満たせるかを、担当の歯科医と十分に話し合っておくことが必要となります。
posted by T-Brush | 歯列矯正治療(成人)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。